1: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:00:28 ID:ywE
今で言うと親の金で機材買ってYouTuberやってるようなもん

2: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:01:39 ID:ywE
東大文学部中退←上級国民なら親のコネあれば無試験で入れるという

3: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:01:57 ID:7yC
宮沢賢治
石川啄木

ちゃうやつもおるし…

6: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:04:02 ID:ywE
>>3
宮沢賢治は地元では名家で金持ってたから東京に出てきて楽器やってた超ボンボンやで

7: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:04:32 ID:XBJ
>>6
で?その人の本読んだんか?

10: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:05:08 ID:ywE
>>7
読んだよ
宮沢賢治はだいたい読んでる

12: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:05:28 ID:XBJ
>>10
そうか、俺は宮沢賢治苦手

17: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:08:27 ID:ywE
>>12
わたしくしという現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です

宮沢賢治は高二病時代はハマる

18: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:09:15 ID:XBJ
>>17
全知の神ダークネスやからしゃーない

4: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:02:21 ID:XBJ
その人らが書いた本読んでも同じこと言えるなら大した奴だ

8: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:04:44 ID:ywE
>>4
太宰とか完全にボンボン自慢やんけ

9: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:05:04 ID:XBJ
>>8
感想それだけか?

13: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:06:13 ID:ywE
>>9
太宰の家は津軽の超名家で
今でも衆議院議員出してる政治家一家

16: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:08:20 ID:XBJ
>>13
no title

知ってる、行ってきた

5: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:03:32 ID:Hg9
人間失格って自慢入ってるよな

11: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:05:27 ID:Hg9
自慢ではないが、わたしは空腹といふものを感じたことがない、とか

14: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:06:47 ID:OgG
金田一妻「石川…うっ…」

15: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:07:10 ID:Hg9
はい小林多喜二

19: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:13:42 ID:OgG
ダークネス室長

20: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:14:25 ID:ywE
ちな有名な雨ニモマケズは詩として発表されたものではなく
死んだ時に宮沢賢治の手帳に書かれていたのが見つかったもの
本人からしたら黒歴史かもしれん

21: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:15:29 ID:OgG
死後の原稿やメモを公開されるのはよくあることなのでセーフ

22: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:15:38 ID:XBJ
太宰の生原稿を見た時はうれしかったなぁ
でも一番うれしかったのは寺山修司記念館
見放題だった

23: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:17:34 ID:X7j
太宰は名家の子供としての自意識を拗らせた感じがむしろすこだ・・・

24: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:18:36 ID:3JF
人間失格は読むなと言われたから読んでないが
昔の人はたくさん読んだんだろうな

25: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:18:45 ID:OgG
芥川龍之介を写経のごとくかいてたのは草

26: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:18:51 ID:Hg9
地下に鉄道掘るとか東京おもろっ!のくだり腹立つ

27: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:20:54 ID:1Wd
>>26
リュークかな

28: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:23:17 ID:Q3Z
読んでの感想がYouTuberなら草

29: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:23:50 ID:1Wd
>>28
いかんのか?

30: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:25:36 ID:8k5
>>28
なにをそんな高尚ぶっとんねん
小説なんか大説と比べたらガキの読み物やで

32: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:35:23 ID:XBJ
>>30
あほ抜かせ
小説抜きに文学語れるかいな

31: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:28:21 ID:X7j
まぁどう受け取るかは読み手側次第やからな

33: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:38:58 ID:WNK
石川啄木いうヒトは如何なんや
手ェなんか見とらんで働かんかい!いうアレやろ

39: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:05:59 ID:oHK
>>33
啄木のローマ字日記(嫁に読まれたらまずいからローマ字で書いたろ!)はなんJ民みたいなことばっかり書いてる名作やぞ

34: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:51:25 ID:Ayx
でもお前らチョコレートはチョコレートの味がしたという感想しかでないじゃん
太宰治や宮沢賢治はもっと良い感想いえるぞ

43: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:07:52 ID:oHK
>>34
百鬼園先生「〇〇おいしかった」「〇〇すごくおいしかった」「〇〇ほんとおいしい」
後世の読者「うおおおおおおお!百鬼園!百鬼園!」

35: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)02:53:57 ID:2er
書いてることは変わらないのにどうして作者の背景を気にするんだい?

36: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:01:51 ID:mHX
一部の文豪を取り上げて印象操作かよw どんだけ「上級国民」って使いたいんだよ

37: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:03:41 ID:5mT
芸術なんていつの時代もそんなもんやで
景気がよければ大衆が支えられるけどそんなんレアパターンや

38: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:04:40 ID:oHK
今でいうと50万円くらい出して海外の本買ってそれを自慢してただけやで

40: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:06:17 ID:y5C
経歴の付け方は、参考になります。

41: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:07:34 ID:6o6
明治時代でも確かヒモの売れてない小説家とかおったよな
いつの時代も人間やること変わらないの草

42: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:07:49 ID:bI0
日本の明治~昭和にかけての小説は大抵小説っぽい小説じゃないものだからなアレ

44: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:08:35 ID:R1l
生田長江は?

45: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:10:06 ID:q3G
いくら親のコネがあっても何十万字の作品を何個もかけるのは才能やろ

46: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:11:49 ID:bI0
ありきたりな話やけど夏目漱石は小説家というより哲学者、思想家にカテゴライズされるからただの道楽とは違う

47: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:15:14 ID:6Bi
大正昭和の日本に限らず大抵の国・時代で小説家はエリートやぞ
識字率と経済的余裕考えたらそらそうなるし

48: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:15:40 ID:JHY
酔っ払って太宰治の家に行った中原中也「バーカ!!バーカ!!!!!!!!」
太宰治「なかはらのお兄ちゃんこわいよう…」

49: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:17:37 ID:XBJ
>>48
布団かぶって泣いてた太宰、萌える

50: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:22:18 ID:oeh
21性器の文豪「岡山の県北にある川の土手の下で…」

51: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)03:22:58 ID:K9j
東北が異常に多い気がする

52: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:47:21 ID:ppl
苦労人たちは大抵プロレタリアートばかりやしな
特に女流作家が

53: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:47:51 ID:ppl
生活苦からくるような恨みつらみが内容的に多いし

54: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:49:51 ID:ppl
根暗のイメージが定着してる芥川も意外に交友関係は広くて
犀星の私小説では震災当時の付き合い振りなども飄々と描かれている

55: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:54:27 ID:Xl8
音楽の世界も、お金持ちの方が練習時間を十分に取れて
結果、どんどん上手くなるって話
理屈考えればそうなるよね

56: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:55:33 ID:s7M
あの時代に大学進学出来るだけで化け物級に頭ええしな

58: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:56:44 ID:ppl
>>56
まんさんは出て無くても頭のいい作家もいたけど

61: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)05:01:07 ID:s7M
>>58
女の子は高等師範学校ちゃうの?
大学の教養課程レベルくらいまで勉強出来る学校あったやろ

57: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:55:50 ID:ppl
そら育ちが良ければエリートが純粋培養されるや老子そういう分野は

59: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:57:15 ID:mDx
雨にも負けずの詩って、「ワイ金持ちで苦労したことないから、こんな人生送ってみたいな~」ってことらしいやん

60: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)04:59:09 ID:ppl
>>59
そやろ
さうゆうものにわたしはなりたいやし

66: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)07:36:00 ID:JHY
>>59
宮澤は仏教徒やったんやが釈迦が修行に出たんやってまさにそれやろしなあ
手塚のブッダで性欲を子供の時から醜い物に描いてたけどおそらくそれはニュアンス違うんやないかなと

62: 名無しさん@おーぷん 19/12/08(日)05:01:42 ID:Q1R
そらそうやろ
教育は環境で環境は金の有無や




スポンサードリンク